少年・青年コミック 週刊少年ジャンプ

食戟のソーマ 全巻読んだネタバレ・感想

▼画像タッチで無料試し読み▼

無料試し読みはコチラ

食戟のソーマを全巻読んだネタバレと感想を紹介します

食戟のソーマは料理・グルメ漫画として、週刊少年ジャンプで2012年から2019年まで連載。

アニメは第4期まで放送。

 

食戟のソーマ、グルメ漫画の中で一番好きです。

料理+学園生活+バトルって内容がめちゃめちゃ面白いです。

 

この記事では、『食戟のソーマ』単行本全36巻のあらすじを紹介しているので、とても長いレビューとなっています(笑)

が、どの巻も気になる展開になっていて見逃せません!!

▼画像タッチで無料試し読み▼

無料試し読みはコチラ

 

 

食戟のソーマ 登場人物

食戟のソーマは、登場人物がめちゃめちゃ多いです(汗)

しかもどれもぽっと出とかではなく、ガッツリ出たりするので一応ある程度は紹介します。

ただ多すぎるので本当に割愛する人はしますw

超主要人物

幸平創真

主人公で下町の定食屋「ゆきひら」の一人息子。

小さい頃から料理が大好きで、父・城一郎といつも料理対決をしていた。

そしていつか父親を超える料理人になる事を夢見て、中学卒業後はゆきひらを継ぐつもりでいたが、父親の命令で料理の超名門学校に通わされることになった。

極星寮303号室で学校での生活を過ごす。

料理の腕はピカイチだが、時々イカゲソで激マズの試作をする。

手首に白い手ぬぐい?ハチマキを巻いていて料理の際はそれを巻く。

料理を提供する時は「おあがりよ」、最後には「お粗末!」と叫ぶ。

 

薙切えりな

メインヒロイン。

遠月十傑評議会の第十席。

遠月学園総帥の孫で、「神の舌」と呼ばれるほどの優れた味覚の持ち主。

それゆえ料理の腕も抜群。

高飛車で傲慢・女王様気質だが、創真と出会ってだんだんと変わっていく。

トランプや少女マンガが好きな可愛い一面もある

 

田所恵

創真の同級生で極星寮仲間

みつあみヘアーで常にオロオロしている。

実家は青森県で極星寮302号室。

中学の頃から遠月に通っているが、常に成績は最下位で落ちこぼれと言われていた。

高校でも次赤点を取ったら退学とまでいわれていたが、創真と出会ってどんどん変わっていった。

得意料理は郷土料理

 

タクミ・アルディーニ

創真の同級生でイタリアからの留学生。

イタリアの実家は大衆食堂「トラットリア・アルディーニ」

双子の弟と一緒に遠月に入学

イケメンでクールだが、創真にライバル心を燃やしている。

得意料理はイタリアンで、愛用道具は「メッツァルーナ」

料理を提供すると「ボナペティ―ト(召し上がれ)」、最後に「グラッチェ(ありがとう)」と言う。

 

幸平城一郎

創真の父で食事処「ゆきひら」の店主。旧姓は才波

マイペースで破天荒だが、料理の腕は天才的で海外の高級ホテルVIP専用レストランで料理人をするほど。

息子の創真にとっても尊敬する父親で越えるべき高い壁でもある。

しかし創真も知らない闇の過去を持つ一面も。

作品中ではキーパーソンとなって、ちょこちょこ登場する。

 

極星寮

一色慧

遠月学園2年生で極星寮206号室。

後輩想いで穏やかでニコニコしていてイケメン。

寮ではみんなのリーダー的存在。

寮では基本的にふんどし姿か裸エプロンという開放的ファッションで身を委ねている。

寮生は慣れているからか、皆スルー。

遠月十傑評議会の第七席。

 

吉野悠姫

遠月学園1年生、極星寮116号室

いつも明るくて寮のムードメーカー。

得意料理はジビエ料理で、寮内でも色々なジビエを飼っている。

貧乳がコンプレックス

 

榊涼子

遠月学園1年生、極星寮112号室。

温厚で冷静。悠姫と仲良し

得意料理は発酵食品を使った料理で、寮付近に塩麹作業場を持っている。

プロポーションはバツグン。

 

伊武崎峻

遠月学園1年生、極星寮208号室。

目が髪の毛で隠れていて雰囲気は一見ミステリアスだが、秘めた闘志は熱い。

得意料理は燻製料理で、寮でもしょっちゅう燻製している。

燻製に使うスモークウッドも自作。

恐らくイケメン(てかこういったキャラは基本イケメン多い)

 

丸井善二

遠月学園1年生、極星寮205号室

丸いメガネが特徴で、疲労が極限になると良く白くなったりメガネが割れているw

寮の中ではいじられキャラだが、料理に関する知識や学識は誰よりも長けている。

 

青木大吾・佐藤昭二

遠月学園1年生、極星寮107、211号室

黒髪が青木で金髪が佐藤。

見た目はガラが悪く、2人でよくケンカをしているシーンを描かれているが、常にニコイチで登場する。

主要キャラの中では一番出番が少ないが、途中から出番が増えていく。

向上心は高く2人共良い人

 

大御堂ふみ緒

極星寮の寮母で管理責任者。

長年極星寮に務めているので、歴代のOBもふみ緒を知っている。

入寮希望者には料理の試験を受けさせて、合格者のみしか入寮できない決まりになっている。

 

遠月学園

水戸郁魅

ショートの金髪、制服をエロく着こなしているキャラ。

実家が大規模な肉の卸売業者だけあり、肉の扱いに長けている。

言葉遣いは少々乱暴だが、女の子らしく根は真面目。

創真と始めは色々あったが、創真を好きになる(気付かれないけど)

あだ名は「肉魅(にくみ)」

 

新戸緋沙子

えりなとは幼なじみで、長年えりなの秘書を務めている。

そのため同い年だが「えりな様」と呼び一歩引いた関係性を保っている感じ。

得意料理は薬膳料理。

 

イサミ・アルディーニ

タクミの双子の弟。

タクミとは対照的に穏やかでのんびりしている。

初登場時はぽっちゃりしていたが、夏バテしたり多忙になると痩せてタクミ並みのイケメンと化す。

 

薙切アリス

日本とデンマークのハーフ美少女でえりなのいとこ。

マイペースで時折子供っぽい面もあって可愛い。

得意料理は分子ガストロノミーを用いた料理。

 

黒木場リョウ

アリスの側近を務めていて、アリスを「お嬢」と呼ぶ。

普段はボーっとしていて力ない受け答えをしているが、料理になり手首に巻いたバンダナを巻くと人格が豹変。

攻撃的で口が悪くなるw

得意料理は魚介類を使った海鮮料理。

 

葉山アキラ

東南アジアでスパイスを研究している汐見教授と出会い、日本にやってきた。

嗅覚に非常に長けていてスパイスの調合なども嗅げば分かる程。

得意料理はスパイスを使った料理で料理の腕もプロ以上。

 

美作昴

めちゃめちゃデカイが創真と同じ1年生。

始めは敵として作品に登場したが、途中から創真達とも打ち解ける。

相手の料理を完璧にコピーした「パーフェクト・トレース」が武器。

さらにそこに自分のアレンジを加えてきている。

 

川島麗

遠月学園では食戟の司会を務めている。

アイドル風ルックスでファンも多いが、自分より目立つ女子が出るとたちまちブラック麗が出てくるww

本性は多分黒いw

 

薙切仙左衛門

遠月学園総帥でえりなとアリスの祖父

日本の料理界を牛耳る程の人。

めちゃくちゃ美味しい料理を食べると、上半身が脱げる「おはだけ」が披露されるwww

筋肉質でおじいとは思えないほどムキムキ。

 

薙切薊

えりなの父親。

遠月学園を乗っ取ろうと企み、美を追求した料理は「芸術」それ以外の料理は「エサ」と言い放ち、傍若無人でとにかく性格が悪い

めちゃめちゃ美味しい料理を食べると周りの人を「おはだけ」にする「おさずけ」が登場するww

旧姓は中村

 

遠月十傑評議会(創真が1年生時の十傑)

司瑛士

遠月十傑評議会第一席。

銀髪白肌でネクタイをいつも方に掛けている。

普段はナヨナヨしていてプレッシャーなどに弱いが、自分の作る料理に対しては絶対的な自信を持っている。

それゆえ自分の料理を極める事しか頭にないので傲慢でちょっと残念な部分もあるため、喋らなければイケメンで良い。

得意料理はフレンチ。別名「食卓の白騎士」ww←

 

小林竜胆

遠月十傑評議会第二席

ワニから虫といったゲテモノ食材を扱う料理が得意で

「稀少食材マスター」として名を連ねている。

探求心があるので食べる事も大好き。

 

女木島冬輔

遠月十傑評議会第三席

変なニット帽を被っていて大柄。

得意料理はラーメンで「ラーメンマスター」という異名がある。

 

茜ヶ久保もも

遠月十傑評議会第四席

パティシエでスイーツ作りが得意で可愛いのカリスマとして存在。

「ブッチー」というぬいぐるみを常にもっているが、ぬいぐるみと言うと怒る。

だけどブッチーの手を引きちぎってミトンとして利用し、熱いものを持ったりするというカオスな部分も。

 

斎藤綜明

遠月十傑評議会第五席

武士道を志しているからか、言葉遣いも時々武士っぽい。

得意料理は寿司で当代きっての寿司職人。

刀の様な包丁を刀の様に持っている。

 

紀ノ国寧々

遠月十傑評議会第六席

メガネでおさげと、一見地味だが言葉のナイフは鋭い

得意料理は和食だが、蕎麦がスペシャリテにするほど得意。

一色の幼馴染。

 

久我照紀

遠月十傑評議会第八席。中華料理研究会の主将

テンションが高く、ベラベラ喋る。相手を挑発した喋り方も得意。

得意料理は中華だが、中でも辛さを追求した四川料理を得意とする。

カラミのスパイスにも精通している

創真の事を「幸平ちん」と呼ぶ

 

叡山枝津也

遠月十傑評議会第九席

インテリヤクザの様な見た目をしている。

金儲けになると、様々な料理に携わる企業のコンサルを行い「全ての料理人を従えるもの」と自負している。

プライドは高くずる賢くねちっこい。

 

遠月OB

堂島銀

遠月学園第69期卒業生で極星寮のOB

現在は遠月リゾートの総料理長兼取締役会役員。

一見真面目そうだがコミカルな面もあり、後輩を優しく見守る。

よく肉体美を披露するw

 

四宮小次郎

遠月学園第79期卒業生。

現在はパリの料理店で自分の店を出してオーナーを務めていて、フランスで名高い勲章も受賞している。

プライドが高く頑固で融通が利かなかったが、創真と恵と出会って雰囲気が丸くなる。

元々面倒見はいい。

野菜を巧みに扱うことから「レギュム(野菜料理)の魔術師」という異名がある。

 

乾日向子

遠月学園第80期卒業生で日本料理店の女将。

普段はおっとりとしているが料理の事になると冷徹な面もある。

四宮によくちょっかいを出して、四宮を怒らせたりする。

恵の事がお気に入り。

▼画像タッチで無料試し読み▼

無料試し読みはコチラ

 

食戟のソーマ 全36巻のあらすじ・ネタバレ

第1巻:果てなき荒野

幸平創真は下町の商店街にある定食屋「ゆきひら」の一人息子。

ゆきひらの店主である父親・幸平城一郎を超える料理人になろうと、日々努力し父親としょっちゅう料理バトルをしていた。

創真は高校には行かず、中学を卒業したらゆひきらで修行をするつもりでいた。

 

しかしある時創真は、城一郎に料理の名門「遠月学園」に編入する様に言われた。

「料理学校なんて今更・・・」

と、気乗りしない創真だったが、編入試験で出会ったのは「神の舌」の異名を持つ薙切えりなだった。

編入試験ではえりなの口に合う卵料理を出せ…という試験だったが、相手が薙切えりなという事もあり編入希望者は皆料理を作る前に逃げてしまう。

 

試験会場に残ったのは創真ただ一人。

えりなは大衆食堂の息子という創真を始めはバカにしていたが、創真が作った「化けるふりかけ」を口にした瞬間、あまりの美味しさに言葉を失ってしまう。

同時に自身のプライドを傷つけられたと感じ、えりなは創真の料理がおいしいにも関わらず

「まずいわよ!!!!」

と言い放ち不合格にしたが、えりなの祖父で学園総帥である薙切仙左衛門が創真の実力を認めて編入を認めた。

 

なんとか遠月学園に編入した創真だったが、入学式の際の編入性の挨拶で「テッペン取る」と豪語し聞いていた生徒達を敵に回してしまう。

 

そんな中で始まった授業だったが、一番始めの調理演習の授業で田所恵という女の子とペアになった。

恵は遠月の中でも成績最下位の落ちこぼれで、次に赤点を取ったら最下位と言われていた為、何としてでも合格点を取らなきゃいけないと思っていた。

しかし、審査の講師は「笑わない料理人」として有名なシェフ。

ペアの相手は、入学式時ほぼ全生徒を敵に回した創真。

さらに創真に敵意がある奴らが、創真と恵の料理にいたずらをしてしまい・・・・

▼画像タッチで無料試し読み▼

無料試し読みはコチラ

 

第2巻:氷の女王と春の嵐

実家を離れて遠月学園に通うことになった創真は寮に入ることに。

創真が入る寮「極星寮」の寮母による入寮試験を難なくこなし、なんとか部屋をゲットした創真。

 

創真が入寮したという事で、寮の皆が歓迎会を開いてくれた。

極星寮には恵も住んでいて、学校でも寮でも創真と一緒なのかとドギマギする恵。

そして創真は、寮のリーダーであり遠月十傑評議会第七席の先輩・一色から「食戟」の存在について教えてもらった。

 

ある日、創真が丼研究会に顔を出すと、えりなの圧力で丼研が廃部の危機にあっていた。

そこで創真は、丼研存続+創真自身の退学をかけた「食戟」を、えりなの派閥である水戸郁魅と行う事になった。

対決テーマは肉の丼ぶり。

肉のスペシャリストである郁魅は最高級ランクの肉を用意してくるに違いない…

どうやったら勝つのかと考えに考えた創真は…

▼画像タッチで無料試し読み▼

無料試し読みはコチラ

 

第3巻:至上のルセット

遠月学園1年生だけが行う合宿。課題にクリアしないと即退学となる地獄のメニューだった。

そこで創真は同じく大衆食堂が実家で小さい頃から厨房に立っていたタクミアルディーニとイサミアルディーニの双子の兄弟に出会い創真をライバル視していたタクミから、料理勝負を挑まれる。

 

合宿一日目の講師は遠月卒業生の乾日向子。

ペアを作り、遠月リゾートの敷地内にある食材で和食を一品作れというお題だった。

何組かが不合格になる中、タクミとイサミは華麗なる連携プレーで見事な一品を作り上げ、合格。

そして創真のペアは恵。

創真も日向子のお茶菓子で食べていた柿の種をうまく使って極上の一品を作り、見事合格。

そして肝心のタクミと創真の勝負は、持ち越しとなった。

 

そして合宿2日目。

この日の講師は同じく卒業生であるフレンチシェフの四宮小次郎だった。

今回の課題は、提示されたレシピ通りにテリーヌを作るというものだったが、そこで恵が四宮に「退学」を宣告されてしまい・・・

▼画像タッチで無料試し読み▼

無料試し読みはコチラ

 

 

第4巻:その面影

 

▼画像タッチで無料試し読み▼

無料試し読みはコチラ

 

第5巻:踊る料理人

 

▼画像タッチで無料試し読み▼

無料試し読みはコチラ

 

第6巻:斗いの記憶

 

▼画像タッチで無料試し読み▼

無料試し読みはコチラ

 

第7巻:群狼

 

▼画像タッチで無料試し読み▼

無料試し読みはコチラ

 

第8巻:心をのせる

 

▼画像タッチで無料試し読み▼

無料試し読みはコチラ

 

第9巻:『玉』の世代

 

▼画像タッチで無料試し読み▼

無料試し読みはコチラ

 

第10巻:勝負の条件

 

▼画像タッチで無料試し読み▼

無料試し読みはコチラ

 

第11巻:朝はまた来る

 

▼画像タッチで無料試し読み▼

無料試し読みはコチラ

 

第12巻:月光の記憶

 

▼画像タッチで無料試し読み▼

無料試し読みはコチラ

 

第13巻:スタジエール

 

▼画像タッチで無料試し読み▼

無料試し読みはコチラ

 

第14巻:魔術師再び—!!

 

▼画像タッチで無料試し読み▼

無料試し読みはコチラ

 

第15巻:月饗祭

 

▼画像タッチで無料試し読み▼

無料試し読みはコチラ

 

第16巻:囚われの女王

 

▼画像タッチで無料試し読み▼

無料試し読みはコチラ

 

第17巻:見せしめ

 

▼画像タッチで無料試し読み▼

無料試し読みはコチラ

 

第18巻:反撃開始!!

 

▼画像タッチで無料試し読み▼

無料試し読みはコチラ

 

第19巻:頂を目指す者

 

▼画像タッチで無料試し読み▼

無料試し読みはコチラ

 

第20巻:凍っていた想い

 

▼画像タッチで無料試し読み▼

無料試し読みはコチラ

 

第21巻:遠月列車は行く

 

▼画像タッチで無料試し読み▼

無料試し読みはコチラ

 

第22巻:好敵手との再戦

 

▼画像タッチで無料試し読み▼

無料試し読みはコチラ

 

第23巻:荒野を拓く者

 

▼画像タッチで無料試し読み▼

無料試し読みはコチラ

 

第24巻:ようこそ決戦の地へ

 

▼画像タッチで無料試し読み▼

無料試し読みはコチラ

 

第25巻:落ちこぼれの生き方

 

▼画像タッチで無料試し読み▼

無料試し読みはコチラ

 

第26巻:2nd BOUT

 

▼画像タッチで無料試し読み▼

無料試し読みはコチラ

 

第27巻:3rd BOUT

 

▼画像タッチで無料試し読み▼

無料試し読みはコチラ

 

第28巻:一年坊主

 

▼画像タッチで無料試し読み▼

無料試し読みはコチラ

 

第29巻:終局戦

 

▼画像タッチで無料試し読み▼

無料試し読みはコチラ

 

第30巻:二人の食戟(やりかた)

 

▼画像タッチで無料試し読み▼

無料試し読みはコチラ

 

第31巻:新生"遠月学園"

 

▼画像タッチで無料試し読み▼

無料試し読みはコチラ

 

第32巻:不穏なる来訪者

 

▼画像タッチで無料試し読み▼

無料試し読みはコチラ

 

第33巻:真夜中の真価

 

▼画像タッチで無料試し読み▼

無料試し読みはコチラ

 

第34巻:交差する刃(クロスナイブズ)

 

▼画像タッチで無料試し読み▼

無料試し読みはコチラ

 

第35巻:"神の舌"の絶望

 

▼画像タッチで無料試し読み▼

無料試し読みはコチラ

 

第36巻:食戟のソーマ

 

▼画像タッチで無料試し読み▼

無料試し読みはコチラ

 

 

食戟のソーマ 感想

食戟のソーマ、36冊全巻読みましたが、面白いです!!

料理もですが、料理の名門に編入した創真がライバルたちと切磋琢磨していくのがつい見入ってしまいます。

作品タイトルになっているだけあって、食戟が多いです。

話の8割は誰かしらかと料理で対決していますw

ただ主人公の創真だけではなく、恵やタクミなどの主要キャラの食戟もしっかりと描かれているし、見どころ満載で見ていて飽きません。

 

料理・グルメ漫画としてのクオリティがかなり高いと思います。

作品中に登場する料理もそうですが、実は有名料理人の森崎友紀さんがレシピを監修しているそうです!!

 

マンガの中には一部の料理のレシピも掲載されているので、マンガ飯の再現も出来ますよ♪

▼画像タッチで無料試し読み▼

無料試し読みはコチラ

 

 

-少年・青年コミック, 週刊少年ジャンプ
-, , , ,

Copyright© 多分一生漫画好き【マンガネタバレ・無料試し読み】 , 2020 All Rights Reserved.