少女・女性コミック

【夫の扶養からぬけだしたい】全話読んだ感想 Twitterで波紋を読んだ話題作

ゆむいさんが手掛けた『夫の扶養からぬけだしたい』を読んだ感想を紹介しています(ネタバレあり)

 

「僕と同等に稼いでみなよ!」

家事・育児に非協力で心無い言葉ばかり投げつけてくる旦那。

長男の出産・育児で夢を諦めたももこは旦那との考え方や価値観ですれ違うばかり。

 

収入が無いと何も言えないの?

「離婚」を考え、夫からの自立を決めたももこの結末は・・・

 

『夫の扶養からぬけだしたい』

販売当初、広告で見て気になっていたまんがでした。

これ、始めは読んでると夫にめちゃくちゃイライラ・・・

ムカつきすぎて途中で読むのやめようと思ったくらいww

 

ちょっとネタバレになりますが、ある事件がきっかけで、旦那の立場が逆転するという特大ブーメランがきます。

読んでいると、それぞれの抱えている背景があって、コイツ(旦那)も大変なんだなぁ…と思う所もある。

それによってお互いにいつしか余裕がなくなっていったのかな…とも思ったり。

だけど、ここまでしないと分からなかったんか・・・?とモやる場面も無きにしも非ずで・・・むむむ。

▼画像タッチで無料試し読み▼

無料試し読みはコチラ

 

夫の扶養からぬけだしたい 登場人物

  • ももこ・・専業主婦。たるとの出産・育児を機に漫画家を諦めた
  • つとむ・・ももこの旦那。責任感が強く家族を支える気持ちが大きい
  • たると・・ももことつとむの子。おっとり
  • ひとみ・・ももこの友達。正社員ワーママ
  • エミ・・ももこの友達。独身
  • 課長・・つとむの上司。考え方が古い
  • 山田・・つとむの後輩。つとむの仕事ぶりに尊敬している

 

夫の扶養からぬけだしたい ネタバレ

夢を諦めた。

専業主婦のももこは、家事と育児で毎日追われて夢と両立できなかった。

 

優しくて真面目な彼、つとむと24歳の時に結婚したももこ。

人望も厚く、紳士的で優しい彼が大好きだった。

 

そして出産・育児と毎日忙しかったがある日

「ももこはいつになったら働くの?」

 

旦那のつとむに促されてパートを開始。

しかし共働きになっても育児や保育園の送迎は全てももこ。

子どもの熱などで時には思い通りに行かない日も。

 

しかし収入がないことに引け目を感じ、旦那・つとむに言いたいことを我慢する日々。

しかも旦那は一切ももこを理解しようとしてくれない態度や発言を取る。

「たった40万の収入で「共働き」って堂々と言えんの?」

「家事は僕の仕事じゃないでしょ」

「パートって気楽でいいよなぁ」

 

いつの間にか優しくて真摯なつとむはどこかにいなくなっていた。

 

その後つとむの転勤が決まってももこはパートをやむなく辞め、再び専業主婦に。

一人で家事と育児をするのはどうしても大変だからと、下手に出て再びお願いをするも、結局ダメ。

そして口論になり、つとむの口から

「じゃぁ僕と同等に稼いでみなよ!」

という言葉が出た。

▼画像タッチで無料試し読み▼

無料試し読みはコチラ

 

そしてそんなももこの様子を見ていた2人の友達も、ももこを心配。

すると友達の一人、エミはどうしてつとむと結婚したのか不思議でしょうがないとチクり。

「もしももこがつとむさんと同額稼いでも絶対家事やらないよ」

 

つとむさんと同額・・・

その姿が想像できないから、つとむさんを強く非難でいないのかもと、ももこは思い始めた。

そして結局、収入面から何から何まで…ももこの社会的信用は夫の上に成り立っているという事を痛感した。

 

一方つとむはつとむで、ももこがどうして早く帰ってきて欲しいと言ってくるのかが分からなかった。

自分が数時間早く帰ったところで何が変わるんだ。と。

しかしつとむは理不尽な部長と課長から無理な仕事を振られていた。

「小宮さん(つとむ)の奥さん専業主婦なんだから心置きなく残業できるでしょ?」

「俺の時代は休日出勤も残業も当たり前だった」

 

理不尽な上司に囲まれている上、責任感が強いつとむは、結局仕事が増える事に。

 

つとむが家での態度がキツイのは、会社のストレスのはけ口が全て家庭になっていたからだ。

そして粗さがしをするかの様にももこにきつくあたる。

 

つとむさんと一緒に生活するのがつらい

 

すれ違いによって夫婦の関係も徐々に怪しくなってきた。

自立したい・・・

そしてついに、扶養から抜け出し自立することを決意したももこだった。

▼画像タッチで無料試し読み▼

無料試し読みはコチラ

自立するために仕事を探しながら保育園を探す日々だが、なかなかうまくいかない。

ある日、エミにバッタリ会ったももこは相談をしてみた。

するとエミは

「ももこの本当にやりたい事って何?」

と聞いてきた。

そこで自分はまた漫画がやりたいと思った。

 

そして絵の仕事を再開することを決めたももこだったが、

「母親なのに何夢見てんの?」

とつとむに一蹴された

しかしももこは今回は引かなかった。

そして色々調べて探して、家事をこなしながら少しずつ仕事をこなしていった。

そして目指す目標金額も決め、毎日作品アップをしたり営業も続けて行った。

 

しかし夫は何も変わらないし頼れないと思った。

一緒にいたけど、一緒じゃなかった。

 

そして保育園や家事代行、つとむには色々ネチネチ言われたけど、ももこはついに初めに立てた目標金額を稼いだ。

 

もう…終わりにする準備が整っちゃったよ。つとむさん

 

爽やかな気持ちでいたももこだったが、直後、つとむが出勤前に車にはねられて事故に遭ったー。

 

幸い命に別状はなかったつとむだったが、骨折などの重傷で会社を2週間休むことになった。

そしてその間、ももこの家事や仕事ぶりをまのあたりにした。

息子のたるとが保育園から帰ってきたら一瞬で家が散らかる事も分かった

 

ももこは、急に家事を手伝い始めたつとむに対して素直に喜べない。

そして、目標額を超えたため、扶養を抜けることになったももこは、ついにつとむと話をする事に。

▼画像タッチで無料試し読み▼

無料試し読みはコチラ

 

「夫の扶養からぬけだしたい」を読んだ感想

夫の扶養からぬけだしたい。

可愛いタッチの絵からは想像を超えるストーリー内容でした。

 

冒頭でも書きましたが、始めはとにかくつとむがムカつく!!と思う内容。

こんな人本当にいるのか?という位悪者にされる書かれ方だった。

 

だけど、段々とつとむの会社での理不尽な立場にいる事も判明し(とにかく上司がクソ)、ももことつとむの幼少期の環境の違いもあったんだなぁ…と思った。

 

ももこは、父親が「男が外で稼いで女が家を守る」という考え方の人で

「どうせ女は一人で生きていけない」

と平気で言えるし、奥さんの家事が少しダメだとビンタするくらいだった。

 

一方つとむは、洋食屋を経営しているつとむの両親の元育ち、とにかく貧乏。

つとむの母は、妊娠中でも出産中でも生活のために朝から晩まで必死で働き、貧乏だけど一生懸命働く両親が誇りだった。

 

というバックグラウンド。

 

しかもつとむはももこの器用な人で漫画家を目指すという自由で違った人生観に惚れ、そんなももこに夢を追ってほしいと思い、つとむは応援したくて生活のために仕事を頑張っていたみたいだし。

しかし子どもが出来たらあっさり夢を諦めたももこにひどくガッカリもしたみたいで・・・

 

いやだからといってあんな言い方とかはマジでねーだろーとは思いますが…

お互いの事を知らな過ぎた&「自分の気持ちを分かってくれよ!」というお互いの主張がぶつかった結果だったのかなぁ~…とふと。

だけどそのお陰でももこは漫画の仕事で扶養を抜けられた。

マジですごいと思う。

 

一からお金作るのって本当大変だから・・

 

しかも未就学児の子どもがいながら&旦那さんが事故とかカオスな状況なのにスゲーと思う。

ももこの…子供を持つ親、自立したい女性の強さが良く出ているマンガだなと思いました。

▼画像タッチで無料試し読み▼

無料試し読みはコチラ

 

 

-少女・女性コミック
-, , , ,

Copyright© 多分一生漫画好き【マンガネタバレ・無料試し読み】 , 2020 All Rights Reserved.