少女・女性コミック 月刊flowers

ミステリと言う勿れ/田村由美【第3巻】ネタバレ 広島編最大の大詰め・久能整の底なし知識と閃きが…

▼無料試し読みは画像をタッチ▼

無料試し読みはコチラ

 

ミステリと言う勿れ(ミステリというなかれ)

月刊flowersで好評連載中のサスペンス漫画

第3巻のネタバレ・感想を紹介しています

 

第3巻は丸ごと一冊広島編

広島編が完結間近までやってきました!

遺産相続問題の度に誰かが死んでいる狩集一族。

汐路の言っていた「殺し合い」は、まさかの事実も発覚

そして展開は思わぬ方向に!!

 

いや久能整さん・・・

探偵や刑事でもないのに問題解決しすぎて草。

3巻のラスト…びっくりしましたね~

 

ミステリと言う勿れの第3巻は、第4話第2部~第5部まで収録☆

▼無料試し読みは画像をタッチ▼

無料試し読みはコチラ

 

ミステリと言う勿れ 第3巻の登場人物

久能整・・

カレー好きの大学生。

博識で知識や雑学をよく知っており、大人顔負けの推理や閃きをして事件解決の糸口を見つけてくれる。

天パがコンプレックス。

  • 狩集汐路(しおじ)・・整が広島で出会った高校生。芝居は大ヘタ
  • 車坂朝晴(朝ちゃん)・・車坂弁護士の息子。汐路の幼なじみで信用が厚い。
  • 狩集理紀之助・・汐路のいとこ。メガネのインテリ風男
  • 波々壁新音(ネオ)・・汐路のいとこ。ぶっきらぼうだけど元気で良い人
  • 赤峰ゆら・・汐路のいとこ。娘がいる。
  • 車坂・・顧問弁護士。狩集家と昔からの付き合い
  • 真壁・・顧問税理士。狩集家と昔からの付き合い

 

【ネタバレ】ミステリと言う勿れ 第3巻

第4話2部:相続人の事情

遺産相続の争いに巻き込まれた整は、狩集家の家に泊まることになった。

しかし整は、汐路始めいとこの皆を見る限りでは、人を殺してまで遺産を手に入れたそうな人はいないと思ったが、汐路は効く耳を持たない。

 

そして次の日、汐路と整が庭にいると汐路の頭上付近に植木鉢が落ちてくるというハプニング。

汐路は「こっちも容赦しない」とご立腹。

そして気を取り直して汐路といとこたちが貰った蔵を見せてもらった。

 

朝食後、汐路は整を連れてとあるお好み焼き屋へ。

そして今回の遺産相続の話をもう一度整にした。

おじいちゃんにもらった4つの蔵はずっと開かずの蔵だったこと、汐路の父と他3人の叔父叔母が亡くなった時の事、そして改めて、整に協力してほしいという事。

 

すると整は協力すると承諾し、汐路に「僕にウソをつかないで」と約束してもらった。

そして2人は蔵を開け、中に入っていった。

汐路の蔵の中には9体の人形があった。

整はそこで「足りない」とつぶやいた。

 

そしてそこにいとこの新音(ネオ)が登場。

彼の蔵にはお茶碗やお皿ばかりがあったという。

汐路の蔵とは違い、今度はありすぎる位だった。

そしていとこのゆらは、もう争いは始まっていると言って蔵の中身を教えてくれなかった。

 

するとそこに、汐路の幼なじみと思われる車坂弁護士の孫、朝晴がやってきた。

汐路は朝晴を慕っていて、何でも話す仲だった。

 

整達は、新音の蔵にあった茶碗を調べに、知り合いの宮島焼の陶芸店にみんなで行く事に。

すると陶芸屋のじいさんが、新音の母親と汐路の父親がここに来たと教えてくれた。

「持ち主に返す」と言い…

汐路の父は何をしたかったのだろうか…と考える整。

 

そして戻ってきた一同は、理紀の蔵に行く事に。

その頃ゆらが自分の蔵にいると、何者かに閉じ込められて・・・

▼無料試し読みは画像をタッチ▼

無料試し読みはコチラ

 

第4話3部:落とされたものは~汐路の深い闇と思い。

理紀の蔵に来た汐路と整。

そこには古い兜や錆びて血液がこびりついたボロボロの短刀などがあった。

不気味な蔵だったのでっすぐに出ることにした一同。

 

夕飯時、ゆらの旦那がゆらがいないのを不思議に思い、探しに行く。

そして汐路は階段から落ちた。

見てみると、油が階段に塗られていた。

汐路は整に再度「この一族は殺し合う」と告げた。

 

ようやくゆらが蔵から出られたが、蔵に閉じ込められた事に対して怒りをあらわにしている。

そしてみんな段々と、やられたらやり返すという雰囲気に。

 

次の日、再び蔵に来た汐路と整は、床下の隙間からお芝居のチケットを見つけた。

それと同時に整は、一つ気がかりなことがあり汐路の母親に質問をしていた。

 

そして夜。

整は汐路に「そこまでやっちゃダメ」と、注意をしに行った。

汐路は錆びた短刀を、グラついた柵の付近に掘って人に刺さる様に仕組んでいる最中だった。

 

ゆらを蔵に閉じ込めたのも、落ちてきた植木鉢も、階段に油を塗ったのも…

なんと汐路の自作自演だった

 

汐路がこんな殺し合いをする方向に仕向けたのは、深い理由があった…

そして整は、汐路に闇があると伝えた。

すると新音達が汐路の元へやってきて、親が亡くなった時の事に汐路を責めたことを謝罪した。

 

そして、4人で協力して蔵の謎を解こう。

という事になった。

 

整は明日の朝帰ると汐路に言い、そのままコインランドリーへ向かったが、途中で車にはねられそうになり川に落ちてしまった。

お風呂で温まった後、整は汐路の母親と昔の写真や汐路の描いた絵を見ながら少し話をしていた。

 

そしてその時、整は何かを発見してしまった。

整は急いで汐路の部屋に向かい、

「汐路の父親は殺されたかもしれない」

と伝えた

▼無料試し読みは画像をタッチ▼

無料試し読みはコチラ

 

第4話4部:鬼の集

次の日整はいとこ全員を集め、自分が気付いた点について話をする事に。

汐路は朝晴も呼んでいた。

 

整は今まで遺産争いや事故で亡くなった先祖の写真を持ってきた。

「亡くなった人は皆天パで、遺産争いに見せかけた別の理由で殺された

という事を伝えた。

汐路の父親は、その共通点に気が付き、姉であり同じ天パの新音の母親に相談した。

その後に弟と妹である理紀の父とゆらの母も一緒に。

 

4人は事故に見せかけて殺されたんだと整は推理した。

 

そしてとある古いお芝居を見て欲しいといい、見ることになった。

「鬼の集」というお芝居だった。

しかも奇しくもこの話を書いたのが狩集家のお手伝い・マリさんの弟だった。

 

弟の話を聞いた整は、お芝居の中にあった「蔵の下に眠る死体」が事実なのか実際に掘る事にした。

すると、本当に人骨が出てきてしまった・・・

▼無料試し読みは画像をタッチ▼

無料試し読みはコチラ

 

第4話5部:殺すのが早すぎた~犯人がこんな所にいた

さらに次の日、それぞれが調べたことをまとめて意見のすり合わせをすることになった。

新音が事故当時の刑事に色々話を聞きに行ったが、

やはり居眠り運転だったんじゃないかと言われた。

整も、今更殺人の証拠を見つけるのは難しいかもと思う。

そしてゆらも蔵で見つけた手帳を元に、「鬼の集」の脚本を書いたマリの弟について警察に行って聞いてみた。

しかしそこでは自殺だろうという事で終わってしまった。

 

整は、汐路の父親達は狩集家の本当の血筋の人を探そうとしたのではと推測。

すると新音が、汐路の父のコートのポケットにUSBメモリのフタらしきものが入っていたと刑事が言っていたのを思い出した。

その時汐路の表情が少し変わった。

すると新音が手を動かした際に、水をこぼした。

 

そして汐路の表情は、明らかに変化した

とりあえずUSBメモリを探そうという事になり、朝晴はその場を去った。

 

「汐路さん。何か気が付きましたか」

汐路の異変に気が付いた整は汐路に尋ねた。

 

そして汐路は、あの事故の日の事、父親が出かける前の事を思い出したという。

そしてそのことを、いとこと整に告げた。

 

それを聞いて理紀は、手帳を調べることになった。

 

そして整は、USBメモリのある場所が分かったと言い、

「関係者全員に伝えて下さい」と言った。

 

そしてUSBメモリの場所を伝えたら、ある人物がそれを掘り出し、狩集家の本当の血筋の人の家が分かった。

 

するとその人物はその家の前へ行き、灯油をまき火を付けようとした。

そこに刑事たちがやってきて、大事にはならなかった。

しかし放火をしようとした犯人は、汐路が信頼していたまさかの人物だった・・・

▼無料試し読みは画像をタッチ▼

無料試し読みはコチラ

 

ミステリと言う勿れ第3巻 感想

いやーマジかー。

いや整すごいね!!!ここまで閃きがあるって・・・

これはラストを見ると「え?」っていう展開になるんだけど、

整はよく分かったな…

 

整の閃きと観察力には毎回驚かされます。

今回もめっちゃ色々良い事言ってたし・・・

 

しかし汐路も暴走し過ぎでまぁ・・・(苦笑)

亡くなってしまった父親を思っての事だったんでしょうが、大事になってしまう前に、整が気が付いてくれてよかったね。

 

しかしラストは衝撃。

次の巻が待ち遠しくなるほど。

▼無料試し読みは画像をタッチ▼

無料試し読みはコチラ

 

-少女・女性コミック, 月刊flowers
-, , , ,

Copyright© 多分一生漫画好き【マンガネタバレ・無料試し読み】 , 2020 All Rights Reserved.