少女・女性コミック 恋するソワレ

ままかり『デブとラブと過ちと!』第7巻ネタバレ

恋するソワレにて連載中の『デブとラブと過ちと!』

第7巻のネタバレ感想を紹介します☆

 

夢子の企画した商品開発に暗雲。

悪天候で材料が不作。前園社長が現地に交渉に行くというので夢子も同行!

1日前園と行動を共にする夢子は、前園に苦手意識を持っていたが…

 

今回は夢子と前園課長のお話!

前園課長に苦手意識を持っていた夢子だったけど、一緒に時間を共にする事で気持ちに少し変化が!?

⇒デブとラブと過ちと!第7巻を読む

 

デブとラブと過ちと!第7巻登場人物

  • 幸田夢子・・事故で記憶喪失になり、自画自賛のポジティブレディに
  • 前園・・夢子の課長。圭介と険悪の仲。
  • 結城圭介・・夢子の会社の副社長。夢子と出勤前に公園で会っている

 

デブとラブと過ちと! 第7巻ネタバレ

ヘタな笑顔

刑事と会った後、会社に戻るとなにやら部署が慌ただしい。

すると新商品のポテチが出来ないかもしれないとの事

 

台風の影響でいつものおイモが不作で、手あたり次第農家を当たっている最中。

そして前園が農家まで行き、直接交渉をしに行くという。

 

すると夢子も一緒に行くと言い始めた

押しの強い夢子に負け、1分で準備しろと夢子に伝えた前園。

 

すると行先はなんと北海道だという。

美味しいものが楽しみな夢子とは反対に玉井は、妻と別居中の前園に夢子が何かされないか気を付けるように伝えた。

 

そして向かう途中、会社の廊下で圭介と会う。

圭介は北海道に自分も連れて行って欲しいと前園にお願いするも、前園は無視をしてそのまま通り過ぎた。

夢子は悲しそうな表情の圭介の手を握り、

「大丈夫!この美人に任せて☆」

と圭介に絶対成功させてくると約束する。

夢子の姿を見て少しだけ安心する圭介。

 

そして北海道の広大なイモ畑に到着。

前園はここのイモ農家に何度も交渉をしていたが、形を整えろだのキレイな形のイモを作れという要求が嫌で断られ続けていた。

 

すると買っていたブタのよし子に似た夢子と出会い、夢子にじゃがバターを食べてもらった。

しかも夢子は、この農家の形がそれぞれ異なるイモを見て、

「皆それぞれ個性があって特別。私のポテチにピッタリね!!」

と大イバリw

そして再度お願いすると、ようやく農家の人がイモを提供してくれると折れた。

⇒デブとラブと過ちと!第7巻を読む

 

帰りの電車内、今回は夢子がいてくれて助かったとお礼を言った前園

夢子は当然よ!と得意げ。

 

前園に気にせずイモ料理の話をしていると、前園が突然

妻が作った肉じゃがが美味しかったと言って来た。

 

前園の表情を見て、夢子は前園にもっと口角を上げろと伝える。

前園の下手な笑顔に思わず笑ってしまう夢子。

 

今日は課長に対して苦手や恐怖を感じない夢子は、前園に副社長にあまり冷たくしないで上げてと伝えた。

そして不倫の事も信じてないから、愛があるから奥さんを信じてあげてと伝えて去っていった。

 

「何が愛だ・・・もう遅い…」

 

悲しいセリフと共に・・・

「だったら死ね!」とナイフを振り回す女性を必死で止める前園の回想シーンが出てきた。

⇒デブとラブと過ちと!第7巻を読む

 

デブとラブと過ちと! 第7巻感想

あらあらら。

やっぱり夢子の殺人未遂の犯人って前園の奥さん・・・?

 

⇒デブとラブと過ちと!第7巻を読む

 

 

 

-少女・女性コミック, 恋するソワレ
-, , , , , , ,

Copyright© 多分一生漫画好き【マンガネタバレ・無料試し読み】 , 2020 All Rights Reserved.