少女・女性コミック 恋するソワレ

デブとラブと過ちと!13巻/ままかり

恋するソワレで連載中の「デブとラブと過ちと!」第13巻のネタバレを紹介します☆

 

前回のあらすじ

事故にあった現場につき合ってほしい

南に頼まれ夢子は一緒に事故のあった現場に行く事に。

 

しかし付いた所は家からとても離れた場所。

そしてその場に着いた夢子は・・・

⇒第12巻のネタバレはコチラ

昔の自分をしっかりと調べようと思った夢子。

 

夢子は過去の自分が、会社で安心できる場所があったのか気になった。

そしてその場所を探していると、唯一記憶が戻りかけた場所を発見。

そしてそこでバッタリ圭介に会って・・・

⇒デブとラブと過ちと!第13巻を読む

 

デブとラブと過ちと!第13巻登場人物

  • 幸田夢子・・事故で記憶喪失になり、自画自賛のポジティブレディに
  • 玉井・・夢子の同僚
  • 茂森・・夢子の同僚。アフロヘアー
  • 細井・・夢子の同僚。ひ弱そうなおっさんだけどいい人
  • 結城圭介・・夢子の会社の副社長。夢子の想い人。色々訳アリ

 

デブとラブと過ちと! 第13巻ネタバレ【昔と今】

近所のおばあちゃんや昔の同級生と会って話したことで、自分でも昔の自分の事を調べようと決めた夢子。

 

そんな時、夢子の考案したラムネポテチのパッケージデザイン案が出された。

しかし夢子はデザインがフツー過ぎると少し気に入らない様子。

玉井は一応その旨をデザイン担当者にメールをしてくれた。

 

そして話はプレゼントの話に。

同僚達とプレゼントの話をしている流れで、

夢子は玉井達に記憶がなくなる前の自分がどんな感じだったか聞いてみた。

 

するとマイナスな要素はもちろんあったものの、仕事面ではプラスの要素もあったことを知る。

自分のことをちゃんと見ていてくれた玉井達に感謝する夢子だった。

 

すると茂森がアイデアを出すためにリフレッシュルームに行くと言って退席。

夢子の部屋で言った南の言葉を思い出し、自分にも会社内で安心できる場所がなかったか調べる事にした。

 

思う様にどの場所もピンとこない夢子。

しかし会社の8階に到着した夢子は突如記憶が薄っすら戻った。

そして8階で降りてみると、そこでバッタリ圭介に会った。

 

圭介は夢子に見せたいものがあると、昔使われていた研究室に夢子を連れて行った。

ブラインドを開けると、キレイな眺めが広がっていた。

圭介は昔ここで朝までよく研究をしていたと話してくれた。

そして前園との思い出も・・・

 

すると圭介は、過去にココで夢子とぶつかったことがあると教えてくれた。

夢子が落としたアイデアノートを見て親近感が湧いた圭介は、夢子に少し話したそう。

 

そして夢子は、

記憶がなくなっても昔も今も、私は副社長が好きというのは変わらない

と思わず伝えてしまった。

焦った夢子は友達としてと慌てて弁解。

 

ずっと前から自分を見ていてくれた同僚の存在。

8階は自分にとって特別な場所だった。

今日は大収穫❤

と満足した夢子だったが、夢子の元に突然女性がすごい形相で訪ねてきて・・・

⇒デブとラブと過ちと!第13巻を読む

 

デブとラブと過ちと! 第13巻感想

デブとラブと過ちと!第13巻

 

⇒デブとラブと過ちと!第13巻を読む

 

-少女・女性コミック, 恋するソワレ
-, , , ,

Copyright© 多分一生漫画好き【マンガネタバレ・無料試し読み】 , 2020 All Rights Reserved.