少女・女性コミック 恋するソワレ

デブとラブと過ちと! 第11巻【夢子の母】ネタバレ/ままかり

恋するソワレで連載中・電子書籍サイトでも人気ランキングに君臨するラブコメ

「デブとラブと過ちと!」第11巻のネタバレを紹介します☆

前回のあらすじ
夢子は先日のディナーのお礼に圭介に何かプレゼントをすることになった。

圭介の好きなものが何か分からない夢子は、休日に会社の前で偶然圭介を見かけた。

しかし圭介は優という子どもと遊園地に行く途中だった。

夢子は2人の後をついていく事になり・・

⇒第10巻のネタバレはコチラ

ケースケはママが好き・・・

さすがにショックを受けた夢子はトボトボと帰った。

すると夢子たちを尾行していた南が、夢子の家に一緒に行く事に!?

 

刑事が急に来て夢子の母は顔色を変える。

そして南は夢子の家庭環境を少し知る事となった。

⇒デブとラブと過ちと!第11巻を読む

 

デブとラブと過ちと!第11巻登場人物

  • 幸田夢子・・事故で記憶喪失になり、自画自賛のポジティブレディに
  • 南・・刑事。夢子の殺人未遂事件を捜査中。夢子の天敵
  • 夢子の母・・夢子に当たりがキツイ。周りの人の目や世間体しか気にしない

 

デブとラブと過ちと! 第11巻ネタバレ【夢子の母】

圭介と優が無事に再会したので、圭介にバレない様にこっそりとその場を離れた夢子

 

ケースケはママが好き。

 

思った以上にショックを受けた夢子はとぼとぼ歩いていたが、周りが夢子を見て少しザワついている。

夢子は優の風船取りで木から落ちた時に、服を破ってしまいパンツが丸見え。

 

すると夢子を尾行していた南がジャケットを貸してくれた。

そしてなぜか一緒に南も夢子の家に向かうことに。

 

タクシーの中で夢子は、圭介が他に好きな人がいるという事、そして優は圭介の子どもかもしれないと、かなり暗くなっていた。

 

暗い夢子を見かねた南が、あれは前園課長と梨香子の子どもで圭介は時々遊び相手になっていると教えてくれた。

それを聞いた夢子は元気を取り戻す。

 

そして不倫が事実だとしたら潔く諦めて、その時は自分が圭介の一番の友達になるとキラキラした顔で言った。

元気になった夢子に南も一安心。

⇒デブとラブと過ちと!第11巻を読む

 

そして家に帰ると、夢子の母親は刑事が来たことにビックリ。

ボロボロの格好の夢子にはみっともないからさっさと着替えて来いと叱り飛ばす。

 

南と2人きりになった母親は、刑事に事件の事で何か分かったことがあったら、ご近所の目もあるから真っ先に自分に知らせて欲しいと伝えた。

南は先程から夢子の母親の言動に激しい疑問を感じていた。

 

そして南は夢子の部屋に入り、何か知っていることがあったら言ってみろと言った。

夢子は時々映像が断片的に出てくること、ナイフや叫び声などが聞こえたことも伝えた。

それ以上は思い出せない夢子だったので、しばらく様子見することに。

 

そして南が帰る時、母親はまだ刑事にさっきの事をお願いしようとした。

すると南は、「あなたはさっきから一体何を心配している」と言い始めた。

 

夢子がボロボロで帰って来たのに自分が周りからどう思われるか気にする母親をネチネチと責めた。

すると夢子は「心配性なだけ!・・・多分。」

と母をかばった。

 

南は帰り道、夢子に記憶喪失が嘘だというのを疑って申し訳なかったと謝った。

そして、記憶が戻ったら以前の自分が守っている物を壊すことになるかもしれない…と伝えた。

 

それでも夢子は怖くないと南に言うと、南は夢子に頼みがあると言って来た

 

⇒デブとラブと過ちと!第11巻を読む

 

デブとラブと過ちと! 第11巻感想

デブとラブと過ちと!第11巻

くぅ~!続きが気になる終わり方しやがって~(笑)

 

そして夢子の家庭環境すげー闇・・・

 

なんか、夢子とお母さんは実は血のつながってない親子で自分の家が周りからどう思われるかとか言われるかとかが嫌なのか・・・?とも考えてしまった。

 

子どもの時の記憶で、授業参観の時に夢子だけ手を上げられなかった事をグズなあんたはキライとか言ってたのもあったし、とにかく子どもより自分がどうみられるかが大事なんだなぁ…と闇w

 

そして今回南結構良い奴じゃん!とすら思ってしまった(笑)

それにしても頼みって一体何なんだか・・・

もうじき事件解決すんの??クライマックス近い・・・!?

⇒デブとラブと過ちと!第11巻を読む

 

-少女・女性コミック, 恋するソワレ
-, , , , ,

Copyright© 多分一生漫画好き【マンガネタバレ・無料試し読み】 , 2020 All Rights Reserved.